更年期障害ネット病院・女性更年期障害症状チェック

RSS
9月
22

更年期障害の対策について

更年期障害とはまさに性成熟期から生殖不能期への移行期にあたり、平均51歳で訪れる閉経以降の30年余の生活をいかに健康に過ごすかを考える、人生の節目といってもよいです。更年期障害は、この時期に生じる自律神経失調症状と精神症状が相互に関係しあって起こる、不定愁訴の総称と考えられます。

更年期障害の対策

1.薬やサプリメントで更年期障害を緩和する

更年期がつらい場合はプラセンタを取ることが有効です。プラセンタとは哺乳類の胎盤のことです。サプリメントが市販されており、豚や馬のプラセンタが使われています。プラセンタに含まれる胎児を育てるための栄養素や成長因子が更年期には有効です。プラセンタを飲むことで更年期の症状がぐんと和らぐ人がいます。

アロマテラピーで香りの刺激は脳の大脳辺縁系に直接作用し、自律神経系に働きかける効果があります。代表的なラベンダーなどには睡眠薬と同じような効果があることが実証されるほど、アロマテラピーの効果は高いものです。思った以上に効果があります。趣味にすることもできることからオススメします。

2.食事で更年期障害を緩和する

女性ホルモンとは、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンを指します。卵巣機能が低下する40歳代以降にはエストロゲンの分泌は低下し、閉経後には僅かな量になります。この時に頼りになるのが大豆に含まれるイソフラボンです。更年期になるとコレステロールの増加を抑制する作用のあるエストロゲンが減少するため、コレステロールが増えて太りやすくなります。

3.生活習慣を見直して更年期障害を緩和する

更年期障害の中でも、肩こりや腰痛などの症状がある人にオススメなのがストレッチです。骨盤底筋をトレーニングすることで更年期の症状を和らげることができます。

更年期は誰もが経験することです。更年期障害がつらい場合は無理をせず病院を受診してください。更年期と思っていても別の病気の可能性もあります。病院ではまず血液中の女性ホルモンの濃度を調べる血液検査が行われます。その結果に基づいて治療が行われます。

 9月 22nd, 2017  
 更年期  
 未分類  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です